高山クリニックHOME お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ
〒656-2132 兵庫県淡路市志筑新島6-37 TEL.0799-62-1366 FAX.0799-62-3645  e-mail clinicot@takayama-clinic.com
メインメニュー
高山クリニックについて
人工透析について
人間ドックについて
泌尿器科について
前立腺治療について
ED治療について
設備ごあんない
理事長ごあいさつ
アクセス


スペシャルコンテンツ
透析患者の1日
人間ドックのすすめ


エクストラメニュー
リンク集
淡路島観光案内
 

前立腺治療について

前立腺は男性の膀胱の下に位置し尿道を取り囲む栗の実大の器官です。前立腺肥大症とは、この前立腺が加齢とともに肥大し尿道を圧迫・閉塞することにより排尿障害を及ぼす症状を言います。
悪性腫瘍とは異なり、生命に直接かかわるようなものではありませんが、尿道障害に伴う夜間の頻尿など日常の生活に支障をもたらす恐れのある症状です。

前立腺肥大症は年齢と深い関係にあり、40・50代で症状が出始め、60歳を過ぎると半数以上の人が夜間頻尿と放尿力低下を訴えます。さらに65歳前後で治療を開始する人が多くなってきます。そして、80歳までには80%の人が前立腺肥大症になるとみられています。
ガンとは違って生命にかかわるような病気ではありませんが、放っておくと尿閉といって尿が全く出なくなることもあります。また、腎臓が腫れて、腎機能が悪くなる事があります。

 

こんな症状がありませんか?

こんな症状がでると、前立腺肥大症かもしれません。是非、お近くの泌尿器科で診察を受けてください。

前立腺肥大症には第1期から第3期までの症状があります。

第1病期
(膀胱刺激期)
夜間にトイレに行く回数が多くなり、尿の勢いがなく、尿がすぐ出ない、少ししか出ない、時間がかかる(排尿障害)などの症状が出てきます。
第2病期
(残尿発生期)
尿をした後もすっきりとせず残っているような感じがする(残尿感)といった症状が出てきます。
第3病期
(慢性尿閉期)
昼夜を問わずトイレに行く回数が増えて、排尿にかかる時間が長くなり、一回の排尿に数分かかるようになります。時には尿が全く出なくなってしまうこともあります(尿閉)。


前立腺肥大症治療法(経尿道的前立腺高温度治療)

前立腺肥大症は一般にその症状の程度により治療法が異なります。比較的症状の軽い人には、服用するだけといった簡易性からまず薬物療法が勧められています。
また、比較的症状の重い人には内視鏡を用いた高周波メスで前立腺を削り取る、TURP(経尿道的前立腺切除術)という治療法が一般化していますが、これには入院の必要性があります。

高温度治療は薬物療法と TURP の中間的治療法として位置づけられ、近年経尿道的高温度治療と呼ばれる治療法として確立し、(1) 低侵襲で安全性が高く副作用が少ない (2) 粘膜 麻酔のみで施行でき、手技が容易 (3) 外来ベースで日帰り治療が可能等の特長があります。

これは経尿道的に前立腺内部をマイクロ波で45℃以上に加温する治療法で、自律神経やα受容体に作用、さらに高温度では細胞死に至ると言われています。自覚的症状の改善に加え他覚的症状の改善についても良好な結果がでています。

主な特長

  • ほとんどの場合、治療は1回、1時間のみ。
  • 外来治療も可能です。
  • 麻酔は軽い表面麻酔のみ
  • 治療中の痛みは無い
  • 治療後の回復が早い
  • 副作用が少ない
  • 高齢者や糖尿病の方でも安心して受けられる。
  • 術後の性機能障害の心配がほとんどない。

治療の仕方

尿道にマイクロ波アンテナと温度センサーを組み込んだ細いカテーテルを挿入します。治療中はコンピューターが尿道の温度を測定しながら、マイクロ波の照射を自動でコントロールし、前立腺を加温します。
加温された前立腺は2〜3週間で変性を起こし縮小するため、排尿が楽にできるようになります。

手順は以下の通りです。

  1. 治療前に軽い尿道の表面麻酔をします。
  2. 細いカテーテルを尿道に挿入します。
  3. 治療時間はおよそ1時間。
  4. 治療後は排尿用のカテーテルを数日間留置します。
  5. 治療後約1ヶ月位から効果が出てきて排尿が楽になります。

医療法人社団 高山クリニック
〒656-2132 兵庫県淡路市志筑新島6-37 
TEL.0799-62-1366

Copyrights 2008 Takayama Clinic allrights reserved.